八千代工業株式会社に所属する車いすアスリートの土田和歌子選手が、2020年11月15日(日)に開催される大分車いすマラソン2020出場します。

 車いすマラソンでもTOKYO2020の出場資格獲得を宣言して以来、今回が2レース目となる土田選手。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で大会延期や開催中止が続く中で開催される今大会は、東京パラリンピック出場資格獲得がかかる重要な選考対象レースとなります。

 自粛期間中のトレーニングで基礎から身体を作り直し、陸上競技用車いすとの合わせ込みの成果を確認するとともに、その先にあるTOKYO2020での戦い方を想定する試金石となります。新しい環境下においても積極的にチャレンジし、進化し続ける土田選手の活躍にご期待ください。

 

■ 土田和歌子選手のコメント

 新型コロナウイルスの自粛期間中に車いすマラソンとパラトライアスロンを戦うための肉体改造と、新たに取り入れたトレーニングなどと並行して、メカニックの方々と車いすレーサーの改良も行ってきました。

 1年ぶりとなる本大会はTOKYO2020出場権がかかる重要な選考対象レースとなります。レースに参加できる喜び、ライバルと競い合える楽しみを感じながらも、全力で大分のコースを駆け抜けたいと思います。

 今回の大分車いすマラソンでは国内在住の選手のみの参加となってしまいましたが、その分、私たち車いすアスリートの走りで日本を少しでも元気にできればと思います。皆さま、応援のほど、どうぞよろしくお願いします。

 

■ 大分車いすマラソン2020 公式サイト

https://kurumaisu-marathon.com/