1 ゼロからの“開発力”

ヤチヨでは、お客様からの仕様書にもとづく開発はもちろんのこと、「こういった製品が造れないか」というお客様ニーズを図面や3D デザインなどの形に起こす設計段階から、試作、要件テスト、プロトタイプの生産、生産性・量産体制の検証まで、製品開発の全工程で一貫した開発力を有しています。

また、自動車メーカーの部品の構想立案を行うデザイン・フィージビリティの段階から開発に関わることで、自社が供給する部品だけでなく、クルマ全体を理解し、自動車メーカーの視点で開発を行っています。

2 三現主義にもとづく“人間力”

ヤチヨでは開発・設計から生産まで全ての流れにエンジニアが携わることで、幅広い知識・経験を持ち、モノづくりの視点から開発を推進しています。
設計から、試作、テスト、生産まで、徹底した三現主義を実践し、エンジニアが実際に“現場”で“現物”を観察し、“現実”を認識した上で問題解決を図り、技術や品質の向上・改善に取り組んでいます。
研究開発において求められるアイデアは、最新の設備や機械ではなく、人から生まれます。ヤチヨでは「人は仕事を通じて現場で育つ」、「自ら考え、考えさせる風土をつくる」方針のもと、人材育成の強化に取り組んでいます。

3 モノづくりにかけるプライド“挑戦力”

ヤチヨの従業員一人ひとりが「質の高い製品を届けたい」という強い思いを持ち、品質を追求しています。
妥協することなく、また失敗を恐れずに新しいことにチャレンジする、モノづくりにかけるプライド。これが世界トップレベルの技術を目指し、新しい発想、新しい技術を生み出すヤチヨの原動力です。