ヤチヨの CSR の基本的な考え方

ヤチヨは、グローバル共通の「ヤチヨ企業理念」に基づき、企業は社会的な存在であることを前提に自社の利益や経済合理性を追求するだけでなく、ステークホルダー全体の利益を考えて事業に取り組んできました。

この概念の根本にあるのは「持続可能性(サステナビリティ)」であり、企業の成長、発展、存続に重要な要素と考えます。

近年、気候変動や生物多様性の損失、貧困や格差、紛争や人権侵害など、環境、社会問題が多様化する中、企業には「環境」「社会」「経済」の視点から社会的課題の解決に積極的に取り組むことが求められています。

ヤチヨが行う事業そのものはもちろん、普段から取り組んでいる省エネルギーや節水、安全・品質活動、従業員への福利厚生など、すべての行動がCSR活動として社会的課題と密接につながっています。

このような新たな潮流の中、これからもヤチヨは企業理念の共有と実践を通じて、企業価値向上に向けた事業を展開することで、「社会からその存在を認められ、期待される企業」を目指します。

Honda 公式サイトのコンテンツです。