八千代工業株式会社に所属する車いすパラトライアスリートの土田和歌子選手が、2019年8月17日(土)に開催されたITUパラトライアスロンワールドカップ(2019/東京)に出場し、女子PTWCクラスで優勝しました。

 東京 お台場海浜公園周辺にコースが設定され、東京2020のテストイベントとしても位置付けられた本大会は、水質検査の結果、スイムが中止となり、ラン(2.5km)–バイク(20km)–ラン(5km)で競うデュアスロンに変更されました。厳しい夏空の下、6時41分にレースがスタート。得意のランで先行した土田選手は、1位で1回目のランを走り終えバイクに乗り換えますが、バイクではライバルの猛追を受け一時トップを譲ります。しかし、2回目のランで再びトップを奪い返し、大観衆の声援が響き渡るフィニッシュラインを59分44秒で駆け抜け、優勝を飾りました。

■ 土田和歌子選手のコメント

 レース当日の朝にデュアスロンへの変更連絡を受けましたが、トライアスロン競技としては常にあり得ることで、すぐに気持ちを切り替え対応できました。スイムは中止となりましたが大会前日までに試泳もでき、また、ランおよびバイクのコースはフラットかつ大変コンパクトな印象を受けました。TOKYO2020に向けた貴重な機会が得られ、来年のイメージができました。ランからバイクに乗り換える経験は少ないため、多少タイムロスをしましたが、その後のバイクおよびランでは、横浜大会でのペナルティ経験を活かし、前の選手を見据え落ち着いたレース運びができ、次戦に向けた収穫を得ました。2週後には、今シーズン山場のレースとなるスイス ローザンヌでの世界選手権に参戦する予定です。引き続き1戦1戦を全力で戦っていきます。ご声援よろしくお願いします。

順位 氏名 1st
ラン
T1 バイク T2 2nd
ラン
総合
1  土田 和歌子 日本 6分53秒 1分00秒 37分56秒 49秒 13分06秒 59分44秒
2  Emily Tapp オーストラリア 7分11秒 52秒 37分18秒 50秒 16分08秒 1時間02分19秒
3  Lauren Parker オーストラリア 7分59秒 56秒 37分01秒 1分09秒 15分21秒 1時間02分26秒
4  Jade Hall イギリス 7分00秒 34秒 37分34秒 44秒 13分48秒 1時間03分09秒
5  Kendall Gretsch アメリカ 7分07秒 33秒 40分15秒 37秒 14分19秒 1時間06分20秒

応援メッセージ

皆さまからの、土田選手への応援メッセージをお待ちしております! 応援メッセージは下記のメールアドレスまでお送りください。
yachiyo_athlete@yachiyo-ind.co.jp