八千代工業株式会社に所属する車いすパラトライアスリートの土田和歌子選手が、2018年2月17日(土)オーストラリアで開催されたITUパラトライアスロンワールドカップ(2018/デボンポート)に出場し、女子PTWCクラスで3位に入賞しました。

 地元オーストラリアの強豪選手たちとの戦いとなり、土田選手はスイムで4位と出遅れたものの、続くバイクではクラス2位の好走で3位に浮上しました。ラストのランではクラス2位の選手に2分以上の差をつける別次元の走りをみせ、1位2位の選手とのタイム差を一気に縮め、1時間28分47秒のタイムでフィニッシュしました。

■ 土田和歌子選手のコメント

 当日のコンディションは波が高く水温も低かったので、昨年のロッテルダム世界選手権と同様にスイムに苦戦しましたが、タイでの合宿の成果もあり、なんとか乗り切ることができました。バイクとランもまだまだ課題だらけでしたが、海外の選手とのレースで自分の今の実力を感じ取ることができたので、次の大会につなげていけたらと思います。今後も応援のほど、よろしくお願いします。

 

順位 氏名 (国) スイム T1 バイク T2 ラン 総合
1 Emily Tapp
(オーストラリア)
15分01秒 1分12秒 52分55秒 1分03秒 15分27秒 1時間25分40秒
2 Lauren Parker
(オーストラリア)
14分21秒 1分56秒 50分31秒 2分13秒 19分27秒 1時間28分30秒
3 土田 和歌子
(日本)
18分53秒 1分48秒 52分08秒 2分32秒 13分25秒 1時間28分47秒
4 Sara Tait
(オーストラリア)
18分49秒 1分26秒 59分24秒 1分54秒 18分50秒 1時間40分25秒

応援メッセージ

皆さまからの、土田選手への応援メッセージをお待ちしております! 応援メッセージは下記のメールアドレスまでお送りください。
yachiyo_athlete@yachiyo-ind.co.jp