八千代工業株式会社に所属する車いすアスリートの土田和歌子選手が、2019年11月17日(日)に開催された第39回大分国際車いすマラソンに出場し、女子4位でフィニッシュしました。

 9月にスイスで開催されたITU世界パラトライアスロン選手権(2019/ローザンヌ)から2カ月という、マラソンに向けたわずかな準備期間を経て、実に4年ぶりの大分に臨んだ土田選手。スタートの号砲が鳴ると、序盤、これまでの経験を活かし、先頭集団につく形でレースを進めました。世界記録更新をうかがう速いペースでレースが進む中、10kmを過ぎた辺りからは先頭集団から離れ、単独での走行となりました。その後、久しぶりに走る大分のコースを堅実なペースで刻み、多くのファンが待つ大分市営陸上競技場に姿を見せ、4位でフィニッシュラインを切りました。

 土田選手は、本大会で参加標準記録を突破し、かつ日本人女子上位3位以内に入ったことから、TOKYO2020に向けた次の選考につながる、来年のマラソンワールドカップ日本代表選手派遣に大きく前進しました。

■ 土田和歌子選手のコメント

 マラソンに向けた短い準備期間でしたが、4年ぶりに大分に戻り、マラソンを大いに楽しむことができました。いま持つ力は発揮できましたが、マラソンを戦うためのスタミナはまだまだ取り戻す途上にあり、課題も見つかりました。また、世界のレベルが上がっていることも実感できました。引き続き楽しみながらチャレンジし、ひとつずつ課題をクリアして競技力を上げ、結果を残していきたいと思います。今回、たくさんの方々に待っていたよと迎えてもらい、大きな歓声をいただきました。本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。

順位 氏名 タイム
1 Manuela Schaer 1:35:42 スイス
2 喜納 翼 1:35:50 日本
3 Susannah Scaroni 1:36:26 米国
4 土田 和歌子 1:44:43 日本
5 Vanessa Cristina de Souza 1:48:53 ブラジル

応援メッセージ

皆さまからの、土田選手への応援メッセージをお待ちしております! 応援メッセージは下記のメールアドレスまでお送りください。
yachiyo_athlete@yachiyo-ind.co.jp