ヤチヨは自動車の機能部品である燃料タンク、サンルーフの開発から生産まで、一貫した製造と、樹脂部品、補修パーツなどの生産を行っています。

それらの経験から得られた技術とノウハウを有効に活用し、「社会から存在を認められ、期待される企業」を目指し、新たな分野への挑戦をしています。

現在、ヤチヨの擁する拠点は、子会社を含め国内 9 拠点・海外 16 拠点。グローバルに事業を展開し、ヤチヨ独自の卓越した技術を活かした特長ある製品は、ホンダグループをはじめ国内外の自動車メーカーからも高い評価を得ています。

ヤチヨの事業

機能部品の開発製造

燃料タンク

写真:燃料タンク燃料タンクは自動車の燃料であるガソリン、軽油を貯蔵する部品です。燃料は非常に引火性が高いため、重要保安部品に位置付けられています。ヤチヨでは、ガソリンの透過防止性能が向上した樹脂製4種6層の燃料タンクを日本で初めて製品化しました。

詳しく見る

サンルーフ

写真:サンルーフ自動車の屋根に装備した開口部であるサンルーフは、車内に陽の明るさと新鮮な空気を運び入れ、開放感、爽快感を演出します。

詳しく見る

樹脂部品

写真:樹脂製品主にバンパー、インストルメントパネルなど自動車の外観、内装部品の成形から塗装までを行っています。

詳しく見る

福祉製品 (準備中)

ボタン:福祉製品テックマチックやフランツシステムといった運転補助装置や、陸上競技用車いすを製造しています。