燃料タンク

Fuel Tanks

Slider

燃料タンクは自動車の燃料であるガソリン、軽油を貯蔵する部品です。燃料はクルマに不可欠ですが、引火性が高いなど危険な材料でもあります。そのため、燃料タンクは重要保安部品として位置付けられており、通常の使用時はもちろんのこと、自動車が衝突した際にもいかに燃料を漏らさないか、といったお客様の安全を第一に開発しています。

従来、燃料タンクは鉄板により構成されるのが主でありましたが、近年は自動車のデザイン適応性向上と軽量化に対応するため樹脂化が進められています。ヤチヨではお客様の要望に応じて、仕向地、環境規制によりそれぞれの優位性を活かした製品仕様に造りわけることができるよう体制を構築しています。

製品ラインアップ

樹脂製燃料タンク

「4種6層樹脂製燃料タンクの断面」バリア材/粘着剤/バリのリサイクル材/黒色HDPE/高密度ポリエチレン
ヤチヨが生産する樹脂製燃料タンクは、4種類の材料を6層に構成しブロー成形する「4種6層」構造です。ヤチヨが日本国内で初となる量産車への製品化を実現し、1999 年にHonda初のハイブリッド車「インサイト」から市場投入しました。
4 種類の材料は主材料(高密度ポリエチレン)のほか、高機能樹脂(EVOH)を加えることでガソリンの揮発性成分(HC:炭化水素)の透過を飛躍的に抑えています。さらにタンク構成部品の取り付け方法も工夫し、世界で最も厳しいレベルの排出ガス規制PZEVに対応しています。
樹脂製燃料タンクは軽量で腐食がなく、環境規制にも対応できることから近年、燃料タンクの主流になっています。

  • 燃料タンクイメージ:コンパクトカー向 Compact
    コンパクトカー Compact
    LEVⅡ / PZEV
  • 燃料タンクイメージ:中型車向け Mid-Size
    中型車 Mid-Size
    LEVⅡ / PZEV
  • 燃料タンクイメージ:高級車向け Luxury
    高級車 Luxury
    LEVⅡ
  • 燃料タンクイメージ:CUV Saddle
    CUV Saddle
    LEVⅡ
  • 燃料タンクイメージ:センタータンク・レイアウト
    センタータンク・レイアウト
    Center tank layout Twin vent
    LEVⅡ
  • 燃料タンクイメージ:ミニバン
    ミニバン
    Mini-Van
    LEVⅡ
  • 燃料タンクイメージ:センタータンク・レイアウト
    センタータンク・レイアウト
    Center tank layout
    LEVⅡ
  • 燃料タンクイメージ:軽トラック
    ピックアップトラック/CUV
    Light Truck/CUV
    LEVⅡ

※ CUV:クロスオーバーユーティリティビークル

鉄製燃料タンク

写真:鉄製燃料タンク鉄製燃料タンクは鉄板を上側、下側とに器状にプレス成型し、その 2 つを溶接して構成しています。ヤチヨにおける燃料タンクはこの鉄製からスタートし、タンクメーカーとしてノウハウを蓄積してきました。近年は樹脂製燃料タンクの需要増に伴い生産量は減少していますが、車の特性に応じお客様の要望に応えています。

製品特長

タンク本体のみならず燃料供給システムサプライヤーへ

自動車用燃料タンクを取り巻く環境は、環境規制の強化、新車開発ニーズ、デザインの多様化など、お客様や車種・仕向地などにより大きく異なります。ヤチヨでは自社内に研究開発部門を設け、基礎研究から製品開発、生産技術、量産までを手掛ける一貫体制をとっています。

また、これまでに蓄積した技術、ノウハウを背景に、高品質・高生産性に挑戦するとともに、近年では、燃料タンク単体だけでなく、製品に取り付ける子部品の自給化・内製化のほか、給油口からタンクまでの周辺部品を含めた「タンクシステム」全体の開発を進めています。

軽量化への取り組み

写真:軽量化された燃料タンク自動車の部品として、さらなる軽量化も推進しています。新材料(高剛性材)を適用することにより、タンク本体の剛性、耐圧性、耐衝撃性などを維持し、限界まで肉厚を薄くしました。それにより、従来よりも 15% の軽量化を実現しています。

今後も、さらなる軽量化を目指し、薄肉化のほか、新たな部品構成方法などの検討を進めています。

世界で最も厳しいレベルの排出ガス規制 PZEV をはじめ、
海外の環境規制をクリア

ヤチヨの樹脂製燃料タンクは、世界で最も厳しいレベルの自動車排出ガス規制である PZEVにも対応しています。樹脂製燃料タンクを主力製品に持つヤチヨは、いち早く PZEV 規制に対応する燃料タンクを製品化するべく、材料の割合やタンク素材開発に独自に取り組みました。

トップクラスの安全性、そして、環境への配慮の両面において商品力を向上させています。

※ PZEV とは-
PZEV とは Partial-Credit Zero Emission Vehicle の略。 米カリフォルニア州大気資源局が制定する厳しい排出ガス規制です。

環境規制対応樹脂製燃料タンクの開発

「環境規制対応樹脂製燃料タンクの概要」①樹脂材料の開発:バリア層であるEVOH剤のエチレン量を減らし、ビニルアルコールの割合を増やすことで透過抑制性能を向上/②構成部品の開発:タンクに溶着される構成部品を、低透過材と変性HDPEの2種類の材料で成型する事で低透過を実現/③シール構造の開発:パッキン、ロックナットの材料を変更し、シール性・透過性能をアップ/④ブロー成形時のピンチオフ形状の最適化:ピンチ部を改良することにより、同部位からの透過を低減

生産体制

「ものづくりの体質の強化」

樹脂製燃料タンクの製造ラインでは、以下のシステムのもと、高い生産性を確立しています。

自動搬送システム
写真:自動搬送システム(搬送機)

自動搬送システム(搬送機)

  • ブロー成形でタンク本体を成形した後、工程間の移動を自動化したシステム。
  • 養生場所から2次加工への工程移動の効率化。
フレキシブル性の高い生産ライン
写真:2次加工ライン

2次加工ライン

  • お客様の生産機種、タイミングに同期させあらゆる製品の生産に柔軟に対応できる生産ライン。
部品投入システム
「からくり」
  • 2次加工後の部品取り付け時に、部品の入った箱と空箱とを効率よく、1工程で入れ替えるシステム 。
ヘリウムガスを活用した検査装置
写真:ヘリウムガスを活用した検査装置

ヘリウムガスを活用した検査装置

  • 燃料タンクとしての基本機能であるガソリン漏れ防止のため、ヘリウムガスの圧力変化を検知する非常に精度の高い検査システムを使用しています。

生産拠点等

樹脂製燃料タンク
開発拠点 栃木研究所(日本)、埼玉研究所(日本)、YOA(米国 オハイオ)
生産拠点 柏原工場(日本)、亀山事業所(日本)、USY(米国 オハイオ)
YMA(米国 ジョージア)、YBI(ブラジル サンパウロ)
YMM(メキシコ グアナファト)、YZM(中国 中山)
YWM(中国 武漢)、SYC(タイ プラチンブリ)
YIM(インド ラジャスタン)、YTI(インドネシア 西ジャワ)
生産開始時期 1999 年~
鉄製燃料タンク
生産拠点 鈴鹿工場(日本)
生産開始時期 1977 年~